過払い金とは

過払い金とは、利息制限法の利率以上の借入れをした場合、本当だったら返済は終わっていたはずなのに返済を続けたため払いすぎたお金のことです。

もともと、出資法と利息制限法に差があり、いわゆるグレーゾーン金利というものが存在することになる。

ちなみに利息制限法によると

元本が10万円未満の場合→年20%

元本が10万円以上100万円未満の場合→年18%

元本が100万円以上の場合→年15%

となっている。

しかし出資法では、29.2%を超えない限り、刑事罰に問われない。
その為、過去に利息制限法の利率以上で、出資法の29.2%未満で貸し付けている消費者金融などが多かった。


例えばどんな場合発生する
過払いトップページトップ