例えばどんな場合発生する?

例えば、消費者金融で29.2%でお金を借りて、5年ほど借りたり返したりをして結果的に全額返済した。 しかし、利息制限法の沿って計算すると、本来なら4年ほどで返済できており、残りの1年間は余分に支払っている計算になった。

もしくは、支払うべき元金が残っているが、計算すると本来なら元金はもう返済済みのはずでなおかつ余分に支払っている可能性がある。

もしくは、支払うべき元金が残っているが、計算すると本来なら元金はかなり減額されるはずである。

このような、いろいろなケースがあると考えられます。


過払金返還請求訴訟
過払いトップページトップ