過去に特定調停済みの方

過去に特定調停済みの方でも、過払い金が生じている場合は、最後に取引した日から10年以上経っていなければ、請求する事が可能ですが、条件によっては、難しい場合もあります。

特定調停の書面上に「債務なし」と記載してある場合と「債権債務無し」と記載してある場合があります。
カンタンにいうと、「債務なし」の場合は、過払い請求が認められやすい、「債権債務無し」だと難しいということです。
「債務なし」は、借金はもうありませんよという意味です。つまり、過払いがある場合に、過払い請求する権利については記載していないので、請求がしやすいのです。
そして、「債権債務無し」は、借金はもうありませんよ、給付をしなければならない法的義務もないですよという意味です。 つまり、借金はないけど請求もしないということです。

しかし、最近では、「債権債務無し」の記載があっても過払いが認められるケースが増えています。
理由として、過払いが生じている事自体知らずに特別調停をしていたため、計算するともっと早く完済できており、そうであれば、特別調停自体しなかった。という主張ができる。 また、取引履歴を不正に改ざんされていることが判明した場合などの理由がある。


過払いトップ
過払いトップページトップ