支払いが残っている場合

今現在、まだ元金が残っている場合でも、計算しなおすともうすでに支払い終わっており、余計に支払っている場合があります。また、計算した結果、元金が0にはならなくても、かなりの減額となる場合もあります。
いわゆる過払い金がある状態です。
取引が長い期間であるほど、過払い金が発生している可能性があります。
一度、自分で計算してみるか、司法書士もしくは弁護士に相談してみるとよいかもしれません。
司法書士や弁護士には、初回相談料無料などおこなっている事務所もありますので、検討してみたらどうでしょうか。


支払い残無しの状態
過払いトップページトップ